ウェリントン・フェニックス 1-2 パース・グローリー(2014年10月12日)

■Aリーグ 第1節

ウェリントン・フェニックス 1-2 パース・グローリー(ウエストパックスタジアム)

[ウェリントン] 73' マイケル・マグリンチィ

[パース] 32' アンディ・キーオ、86'  ジェイミー・マクラーレン


Aリーグ2014-15シーズン開幕戦。

ウェリントン・フェニックスはホームのウエストパック・スタジアムにパース・グローリーを迎えた。


試合は1-2で敗戦。

32分に先制点を許すも73分に新加入マイケル・マグリンチィが得点を挙げて同点。


ホームの大声援を背に逆転を目指すも、86分に不用意なトラップミスからボールを奪われて

オーストラリアU-21代表FWマクラーレンに決勝点を献上してしまった。

決勝点に繋がってしまった軽率なプレイが印象に残りますが、敢えて得点にフォーカスしたい。

ウェリントン・フェニックスの今季初ゴールは新加入選手が起点となり、そして得点を挙げた。


この試合ではインサイドハーフに入ったロリー・ボネファシアからのパスで右サイドを突破。

その折り返しをマイケル・マグリンチィがゴールに流し込む形となった。


まずは起点となったロリー・ボネファシア。

ロリー・ボネファシアはアヤックスの下部組織出身の選手。

アヤックスとプロ契約後、オランダ国内でローン移籍を繰り返し、今季からオーストラリアへ。


オランダではセンターバックやアンカーを務めていたらしいですが、この試合はインサイドハーフでプレイ。主審のジャッジに戸惑う場面も多々あり、順応待ちといったところか。

そしてゴールを決めたマイケル・マグリンチィは9月に加入が正式発表された選手。

グラハム・アーノルド監督のもとで6月までベガルタ仙台でプレイしていました。

(アーノルド監督は6月に仙台と契約解除。その後、マグリンチィも退団)

次節はアウェイでセントラルコースト・マリナーズ戦。

非常に厳しい戦いですが、近年上位に位置するクラブ相手にどこまで通用するか注目です。

■ウェリントン・フェニックス スターティングイレブン

GK:グレン・モス

DF:マニー・マスカット、ベン・ジークムント、トム・ドイル、アンドリュー·デュランテ

MF:ロニー・ボネファシア、アレッサンドロ・ロドリゲス、マイケル・マグリンチィ、アルベルト·リエラ、ジェレミー・ブロッキー

FW:ネイサン・バーンズ

Next Game:

2014年10月18日 セントラルコースト・マリナーズ vs ウェリントン・フェニックス