サカつくシュート 森重真人の能力・パラメータ

サカつくシュートのイベントで登場したキャラクター「森重 真人」。

モデルはそのまま、FC東京などで活躍している森重 真人選手です。

おでんくんに似ていることで話題になりましたが、ゲームではホン・ミョンボの方が似ていますね。


サカつくシュートでの森重 真人

足技もしっかりしたディフェンダーとしての代表格・森重真人らしくテクニック系。

ポジションに左サイドバックが設定されている点はよくわかりませんが、センターバックとボランチをハイレベルでこなす選手としてうまく再現されています。

 

キーマンスキルは技の加護【A】。そしてスキル01はスーパーカウンターフィード。

フィード・・というイメージはあまりないですが、長短のパスを使い分けて攻撃の起点として最終ラインからチームを牽引する森重らしいスキルです。

プレイスタイル

柔と剛がうまく混ざったバランスの良いセンターバック。

守備だけではなく攻撃の起点にもなるパスを蹴れるなど攻守に渡ってのキーマン。

持ち前のキック精度の高さを活かして、長距離でのフリーキックも隠れ武器としてもっています。

FC東京での森重 真人

2010年、大分トリニータからFC東京に完全移籍。

これまで最終ラインを支えてきたブルーノ・クアドロスや佐原秀樹の後継者として期待されました。

 

FC東京移籍当初はラフプレイが目立ち、イエローカードを貰うことが多く出場停止も多かった。

肝心な試合で出場停止。または退場など若い部分が目立ったシーズンでした。

 

FC東京がJ2降格した2011年シーズン以降はカード貰わないよう技術面・精神面で向上。

2016年現在、名実ともに攻守の要、FC東京のキャプテンとしてクラブを牽引しています。

経歴

※アマチュア時代

1998年 - 1999年 広島高陽FC (広島市立口田小学校)
2000年 - 2002年 サンフレッチェ広島ジュニアユース (広島市立口田中学校)
2003年 - 2005年 広島県立広島皆実高等学校

 

※プロ時代

2006-2009     大分トリニータ
2010-         FC東京