サカつくシュート アジズの能力・パラメータ

イラン国籍のスピード系フォワード。小さな巨人「アジズ」。

モデルはペルセポリスなどで活躍した元イラン代表FWコダダド・アジジ選手です。

☆7が開放された後、最初に無料でリリースされた☆7選手・・だったと記憶しています。

リーグ戦の景品だったでしょうか。無課金プレイヤーなら愛用していた期間があるはず?


サカつくシュートでのアジズ(アジジ)

足技もしっかりしたディフェンダーとしての代表格・森重真人らしくテクニック系。

ポジションに左サイドバックが設定されている点はよくわかりませんが、センターバックとボランチをハイレベルでこなす選手としてうまく再現されています。

 

キーマンスキルは速の魂。

キャプチャでは色々あって、速の矜持に進化しています。

 

ちなみに、矜持とは きょうじ と読みます。

自分の能力を信じていだく誇り。プライド。という意味があります。

 

そしてスキル01はハイパーサイドアタックシュート。

アジジ自体はサイドでどうこうするイメージはありませんが、イラン代表はサイドから攻めてくるイメージがありますね。日本代表との対戦に限った話かもしれませんが特に右サイドから。

ジョホールバルでもテヘランでも右サイド(日本代表の左サイド側)から攻められて、小柄な日本代表の右サイドバックと大柄のイランの選手が空中戦をする展開になって失点しました。

プレイスタイル

スピードにのったドリブルからゴールを狙うストライカー。

攻撃に特化された能力値で、特にサイドアタックを使用しているクラブでは重宝するでしょう。

ガチャで獲得できる☆7の選手と比較するとどうしても物足りない部分もありますが・・。

ペルセポリスでのコダダド・アジジ

1996-1997シーズンにバフマン・テヘランからペルセポリスにローン移籍。

フランスワールドカップ・アジア予選を戦いながらリーグ戦では4試合4得点という成績でした。

翌シーズン、ドイツの1.FCケルンに活躍の場を求めて渡独。

日本でのコダダド・アジジ評

アジジは日本でも有名なイラン国籍のサッカー選手でしょう。

プレイで・・というよりは「車椅子」の件で・・でしょうか。

 

1997年11月。フランスワールドカップ出場を賭けたプレーオフで日本代表はイラン代表と対戦。

試合前日、アジジは練習を欠席して車椅子の状態で報道陣の前に現れました。

 

日本メディアはアジジ欠場かと大々的に報道したが、試合には何気なく先発出場。

後半開始25秒でゴールを挙げるなど、事前情報が嘘であることを証明する活躍をしました。

 

選手の怪我・負傷情報に関わる情報戦の類いには「アジジ」のキーワードを現在でも見ますね。

現在でもアジジ戦法などと呼ばれ、日本で最も有名なイラン人選手となっています。

 

ちなみに、当時の裏話として岡田武史監督や日本代表選手らはアジジの嘘を見抜いていた。

事前スカウティング通りに対策を図った・・とされています。

 

また、当時のイラン代表監督であるヴァルデイル・バドゥ・ヴィエイラによれば、アジジが前日練習にチームメイトと喧嘩をしてイランサッカー協会がアジジを強制送還させようと図るなどの内紛を表面化させないためだったとのこと。

コダダド・アジジのプロフィール

名前

Name

 コダダド・アジジ

 خداداد عزیزی

 Khodadad AZIZI

誕生日

Date of birth

 1971年6月22日

国籍

Place of birth

 イラン / Iran

経歴

※アマチュア時代

1983年 - 1988年 FCアブ・モスレム ユースチーム / Aboomoslem Youth team

 

※プロ時代

1988-1992 FCアブ・モスレム / Aboomoslem
1992-1994 ファトフ・テヘラン / Fath Tehran
1994-1997 バフマン・テヘラン / Bahman Tehran
1997     ペルセポリス / Persepolis
1997-2000 1.FCケルン / 1. FC Köln
2000     サンノゼ・アースクエイクス / San Jose Earthquakes
2001     アル・ナスルSC / Al Nasr SC
2001-2005 パス・テヘラン / Pas Tehran
2005     アドミラ・ヴァッカー / Admira Wacker
2005-2006 オガーブFC / Oghab FC
2006     ラー・アハンFC /Rah Ahan FC