パナマ文書に記載された疑惑のサッカー関係者一覧

Footballers listed in Panama Papers.

 

世界に衝撃を与えているパナマ文書。

報道で名前の挙がったサッカー関係者をただただ記載していきます。

 

あくまで報道ベースであり、真実は闇の中・・。

実際はどうなんでしょうね・・。


そもそもパナマ文書とは

ざっくり書くと「脱税を告発した文書」です。

それがモサック・フォンセカ(Mossack Fonseca)というパナマの法律事務所から流出しました。

匿名者からドイツの南ドイツ新聞社にリークされ、世界中を揺るがすスキャンダルとなっています。

 

詳細は他の詳しく書かれたサイトを参照していただきたいですが、さっくり書くと「世界中の富豪・企業が脱税に関与していた」ということです。富裕層(金持ちの個人・法人企業・団体)が納税から逃げたら各国の財政に穴が開きます。その穴を埋めるのは誰でしょうか。それは海外に逃げる手段を持たない庶民が逃げようのない消費増税等々で埋めるしかありません。人間社会の欲と構図が分かりやすく表れているのが今回のケースです。


記載されているサッカー関係者とは

繰り返しになりますが、当ページには報道ベースで名前の挙がった選手名を記載しています。

あくまで容疑がかかっているだけで、真実は本人のみぞ知る・・というところでしょうか。

■選手名・関係者名

リオネル・メッシ

Lionel Messi

 

ガブリエル・エインセ

Gabriel Heinze

 スポルティングCP、パリ・サンジェルマン、レアル・マドリード、ASローマ

レオナルド・ウジョア

Leonardo Ulloa

 サン・ロレンソ、アルセナルFC

クラレンス・セードルフ

Clarence Seedorf

 アヤックス、レアル・マドリード

ウィリアン

Willian Borges da Silva

 チェルシー

ヴァレリー・カルピン

Valeri Karpin

 CSKAモスクワ、スパルタク・モスクワ

サンデル・ヴェステルフェルト

Sander Westerveld

 

ダルコ・コバチェビッチ

Darko Kovačević

 レッドスター・ベオグラード、SSラツィオ

ニハト・カフヴェジ

Nihat Kahveci

 

ガブリエル・シュレール

Gabriel Schurrer

 

タイフン・コルクト

Tayfun Korkut

 

ミシェル・プラティニ

Michel Platini

 欧州サッカー連盟(UEFA)会長、国際サッカー連盟(FIFA)副会長、フランスサッカー連盟(FFF)副会長

エウヘニオ・フィゲレド

Eugenio Figueredo

元南米サッカー連盟会長、元国際サッカー連盟(FIFA)副会長

ファン・ペドロ・ダミアーニ

Juan Pedro Damiani

FIFA倫理委員会委員

ジェローム・バルク

Jérôme Valcke

元国際サッカー連盟(FIFA)事務局長

ドミトリー・リボロフレフ

Dmitri Rybolovlev

元ASモナコ会長

ジョヴァンニ・インファンティーノ

Gianni Infantino

元国際サッカー連盟(FIFA)会長

■クラブ名

ボカ・ジュニオルス  
インテル・ミラノ  

※全てが公表されておらず、上記がクラブ単位か在籍選手単位かは不明。