アル・ヒラル キングカップ準決勝敗退|首都クラブ試合結果一覧 2016年5月1日

年月日~日頃にあった首都クラブの試合結果一覧です。

試合結果や得点者などをまとめてみました。


FC東京

FC Tokyo

0-1

アビスパ福岡

Avispa Fukuoka

日本 / 東京

Japan / Tokyo

終始攻めきれず後半アディショナルタイムに得たPKも森重真人が失敗して敗戦。

3勝1分5敗の13位に後退。

次節はACLビンズオン戦(アウェイ)を挟み、最下位の湘南ベルマーレとのアウェイゲーム。


水原三星ブルーウィングス

Suwon Samsung Bluewings

1-1

FCソウル

FC Seoul

 韓国 / ソウル

 South Korea / Seoul

    アドリアーノ / Adriano  

7分サントスに先取点を許すも58分アドリアーノの得点で同点に追いつきそのままドロー決着。

6勝1分1敗の首位キープ。2位の全北現代モータースとは勝点3差。

次節はACL広島戦(アウェイ)を挟み、2勝3分3敗の9位とスタートに躓いた浦項スティーラース戦。


重慶力帆

Chongqing Lifan

1-1

北京国安

Beijing Guoan

 中国 / 北京

 China / Beijing

    張暁彬 / Zhang Xiaobin  

81分に張暁彬が先制点を挙げるも83分劉宇に同点弾を許す。

試合は1-1のドローに終わり1勝3分2敗(勝点6)の14位と波に乗れていない。

次節は5勝2分とここまで中国超級唯一の無敗を維持している江蘇蘇寧をホームに迎えての試合。

相手はACLのグループステージ最終戦(全北現代戦)を戦うだけに良い準備で挑みたいところ。


サイパFC

Saipa FC

1-2

エステグラル

Esteghlal

 テヘラン / イラン

 Tehran / Iran

    ペロ・ペジック / Pero Pejić  

52分イブラヒムがPKを決めて先制。

その後追いつかれるも、81分にクロアチア人FWペロ・ペジックが決勝点を挙げた。

ペルセポリスFCがナフト・テヘランFCに敗れたため、総得点で首位に浮上。

1位から3位までをエステグラル(+16)、エステグラル・フーゼスターン(+16)、ペルセポリス(+13)の3クラブが勝点51で並ぶ。エステグラルは総得点で上回り首位となっています。残り2試合。

次節は11勝12分5敗の4位トラークトゥール・サーズィーをホームに迎えての試合。


アル・アハリ

Al Ahli

3-2

アル・ヒラル

Al Hilal

 リヤド / サウジアラビア

 Riyadh / Saudi Arabia

   

アブドッラー・アッズーリー / Abdullah Al-Zori

ユーセフ・マンスール・アッサーレム / Yousef Al-Salem

キングカップ準決勝。リーグ戦で1位2位に位置するクラブ同士の試合。

延長戦に突入するタフな試合も2人退場者を出したアル・ヒラルが力負け。

副主将サウード・カリーリーはリーグに続いて2試合連続での退場。