グリゴリー・コロソフスキー氏、パスタコールの新監督就任へ|2016年5月28,29日の首都クラブ動向メモ

FC東京U-18 4-1 東京武蔵野シティFC U-18

全国クラブチームサッカー選手権の関東大会2回戦。FC東京U-18は東京武蔵野シティFCU-18と対戦し、鈴木喜丈や内田宅哉などのゴールにより4-1で勝利。全国大会出場を決めました。

FC Tokyo U-18 4-1 Tokyo Musashino City FC U-18

 

 

グリゴリー・コロソフスキー氏、パスタコールの新監督就任へ

パスタコールはヌモン・ハサノフ監督が辞任してアシスタントコーチを務めていたグリゴリー・コロソフスキー氏が新監督に就任する模様。ハサノフ氏は2012年から下部組織し、2015年からトップを指揮。今季のパフタコールは10戦終えて4勝3分3敗の6位とやや低迷気味。

セサル・バジェホ 0-0 アリアンサ・リマ

アリアンサ・リマはアウェイでセサル・バジェホ戦。相手はここまでのリーグ戦未勝利の相手でしたが、39分に元ペルー代表MFルイス・ トルヒージョが赤紙退場になったこともあり0-0のスコアレスドローで終了。

Cesar Vallejo 0-0 Alianza Lima

 


第一三共サッカー部 1-7 東京ベイフットボールクラブ

東京都リーグ2部第5節。横浜FC東戸塚フットボールパークで開催された試合は東京ベイフットボールクラブが7得点の圧勝。得点者は奥埜翔史、斉田智輝、八原康太×3、渡辺裕紀×2。
Daiichi Sankyo SC 1-7 Tokyo Bay FC

 

AC長野パルセイロ 0-1 FC東京U-23
FC東京U23は31分ユ・インスのゴールを守り抜いてガイナーレ鳥取戦以来となる勝点3。YSCC横浜とグルージャ盛岡を抜いて暫定14位に浮上。

AC Nagano Parceiro 0-1 FC Tokyo B

 

FCソウル 1-1 全南ドラゴンズ
FCソウルはホームに全南ドラゴンズを迎えての試合。結果はオスマル・バルバのオウンゴール含む2得点で1-1のドロー。数試合消化が少ないながらも6勝2分2敗の暫定3位。首位の全北現代モータースとの勝点差は5。

FC Seoul 1-1 Jeonnam Dragons


FC東京 1-0 ガンバ大阪
FC東京はホームでガンバ大阪と対戦。2001年からリーグ戦負けなしの相性通り、河野広貴のセットプレイから生まれた前田遼一のゴールを守り切り1-0で勝利。数試合消化が少ないながら、5勝2分5敗の暫定11位。

FC Tokyo 1-0 Gamba Osaka

 

山東魯能 0-2 北京国安
北京国安はアウェイで山東魯能との試合。于大宝と張池明のゴールで勝利して3勝4分4敗の8位に浮上。山東魯能は自動降格圏内の15位に。
Shandong Luneng 0-2 Beijing Guoan


バリト・プトラ 1-0 ペルシジャ・ジャカルタ
ペルシジャ・ジャカルタはアウェイでバリト・プトラと対戦するも前半アディショナルタイムにリズキー・リポラにゴールを許し、それが決勝点となり4試合ぶりの敗戦。上位陣が勝点を伸ばせてない中で痛い結果に・・。

Barito Putera 1-0 Persija Jakarta