エスペランス・チュニスはリーグ2位で今季終了。CAFチャンピオンズリーグ出場権獲得|2016年6月11日から6月12日の首都クラブ動向メモ

ジュビロ磐田 0-0 FC東京
FC東京はアウェイでジュビロ磐田との試合。前田遼一は移籍後初めて磐田との試合に挑みましたが決定力に欠きスコアレスドロー。攻撃面、特に外国人選手が活用できていない現状を象徴するような試合。
Jubilo Iwata 0-0 FC Tokyo

 

ACチェゼーナU-19のGKファンティーニ燦がFC東京の練習に参加

イタリア・ACチェゼーナの下部組織に属するファンティーニ燦(ふぁんてぃーに・あきら)がFC東京の練習に参加すると日本メディアが報じた。ファンティーニ燦は東京オリンピック世代となる18歳のゴールキーパー。イタリア人の父と日本人の母をもつハーフ。FC東京には同世代のゴールキーパーに2種登録されている波多野豪がおり去就が注目される。

According to Japanese media, AC Cesena Under-19 team Goalkeeper Fantini Akira on training at FC Tokyo. He is half Japanese and half Italian.

東京ガスサッカー部 2-0 東京ベイフットボールクラブ
28分に先制点を許して追いつこうと猛攻を仕掛けるも後半アディショナルタイムに失点して終戦。
ここまで3試合連続得点中のFW斉田智輝は4試合連続得点ならず。FC東京U15深川出身の野村浩輔は厳しい凱旋試合となりました。
Tokyo Gas FC 2-0 Tokyo Bay FC

FC東京U23 1-1 藤枝 MYFC
ユ・インスのゴールで先制するも厳しい判定で与えたPKを決められて1-1のドロー。
リオデジャネイロオリンピック世代のMF中島翔哉とDF室屋成が怪我から復帰した。
FC Tokyo B 1-1 Fujieda MYFC

水原FC 0-3 FCソウル
FCソウルはアドリアーノ、高萩のゴールなどで水原FCに3-0快勝。DFチョン・インファンは今季初出場初先発。
Suwon FC 0-3 FC Seoul

北京国安 2-0 長春亜泰
北京国安は北京工人体育場に長春亜泰を迎えての試合。张稀哲と于大宝がゴールして2-0で勝利。4勝4分4敗の得失点差+1の8位に浮上。自動降格圏となる15位長春亜泰との直接対決に勝利して勝点7差に。浮上浮上。
Beijing Guoan 2-0 Changchun Yatai

EGSガフサ 0-0 エスペランス・スポルティーブ・ドゥ・チュニス
チュニジアリーグ最終節。首位エトワール・サヘルを勝点3差で追う2位エスペランス・スポルティーブ・ドゥ・チュニスという構図でしたが0-0で引き分けて2位フィニッシュ。CAFチャンピオンズリーグ出場権も獲得しました。
EGS Gafsa 0-0 Esperance