HJKヘルシンキ、フィンランドカップ準優勝に終わる|2016年9月24日から9月25日の首都クラブ動向メモ

パナマリーグはタウロFCが首位

リーガ・パナメーニャは前期第10節終了。タウロFCは6勝4分で首位。2位アリアンサFCと勝点3差。少なくとも4位以上に入れば良い2ステージ制。5位チョリージョFCとは勝点8差。

 

 

負傷離脱中のFC東京FWムリキがランニングを開始

According to Japanese media, looking ahead to return, Muriqui has started jogging.

 

 

FC東京DF室屋成とMF橋本拳人が日本代表候補入り?

According to Japanese media, Vahid Halilhodzic made a list of Japan national team new players. For example, Kento Hashimoto and Sei Muroya.

 

 

ソウル・ユナイテッド 1-6 天安FC

ソウル・ユナイテッドはホームに首位の天安FCを迎えての試合でしたが6失点と散々。終盤に1点を返すのが精一杯。これで4連敗となり17位のまま。入替戦圏内最下位となる15位清州FCとは勝点4差のまま。 

 

 

チェンライ・ユナイテッド 0-3 バンコク・ユナイテッド

バンコク・ユナイテッドはアウェイでチェンライ・ユナイテッドと対戦。ジウベルト・マセナとドラガン・ボスコヴィッチのゴールで勝利しました。この結果、首位ムアントン・ユナイテッドと勝点5差。残り3試合です。 

 

 

タン・クアンニンFC 4-4 ハノイT&T

ベトナム・カップ決勝1stレグはシーソーゲームとなり4-4。ハノイT&Tは勝ちはできなかったものの有利な条件でホームでの2ndレグを迎えます。2ndレグは9/29に開催予定。優勝すればリーグとの2冠達成になります。 

 

 

トラブレスSC 0-2 ラシン・ベイルート

レバノン・プレミアリーグは第2節が絶賛開催中。開幕戦を引き分けたラシン・ベイルートはネジメSCから移籍したレバノン人左ウィンガーのモハメド・ジャハーの2ゴールで2-0と勝利して今季初勝利。暫定首位浮上。 

 

 

イスタンブールBBSK 2-2 オスマンルスポルFK

オスマンルスポルFKはアウェイでイスタンブールBBSKとの試合。セネガル代表MFパパ・アリウン・エンディアエと元トルコU21代表MFムサ・チャウランが得点するも2点リードを追いつかれて引き分け。2勝3分の暫定5位。 

 

 

オリンピク・ドネツィク 0-4 ディナモ・キエフ

ウクライナ・プレミアリーグは第9節開催中。ディナモ・キエフはアウェイでオリンピク・ドネツィクを4-0で下し、6勝1分2敗の暫定2位に浮上。ブラジル人FWジュニオール・モラエスが2ゴールを記録しています。 

 

 

セイナヨエンJK 1-1(pk:7-6) HJKヘルシンキ

フィンランドカップ(スオメンカップ)決勝戦。2年ぶり13回目の優勝を狙うHJKヘルシンキはコロンビア人FWアルフレド・モレロス(Alfredo Morelos)のゴールで先制するもPK戦の末にセイナヨエンJKに敗れて準優勝に終わる。

 

FCコペンハーゲン 2-0 オーフスGF

FCコペンハーゲンはオーフスGFをホームに迎えての試合。72分に元パラグアイ代表FWフェデリコ・サンタンデールのゴールで先制すると試合終盤にデンマーク代表MFカスパー・クスクのゴールでダメ押し勝利。7勝4分と首位を快走中。 

 

 

GDシャヴェス 0-2 SLベンフィカ

SLベンフィカはGDシャヴェスとのアウェイゲーム。69分にギリシャ代表FWコンスタンティノス・ミトログルが先制点を挙げるとポルトガル代表FWピッツィの追加点で勝負あり。5勝1分でリーグ首位キープ。

 

 

コロコロ 1-1 サンティアゴ・ワンダラーズ

コロコロはホームでサンティアゴ・ワンダラーズ戦。チリ代表MFマルティン・ロドリゲスのゴールで先制するもドロー。ここまで1勝3分3敗の暫定13位。勝ちきれないシーズンで他会場の結果によっては今節最下位になる可能性も・・。 

 

 

DCユナイテッド 4-1 オーランド・シティSC

DCユナイテッドはオーランド・シティSCとのホームゲーム。アメリカ人FWパトリック・マリンズの2ゴール等で勝利。8勝13分9敗の東部地区6位。近い勝点のクラブ相手に勝てたのは大きい。