クラブ・アメリカファンの間でバズっているREVERBEEという日本人音楽ユニット

関西出身のビースティーJC2ミクスチャーユニット「REVERBEE」。

REVERBEEは「リバービー」と読むそうです。

 

女子中学生2人組みで構成されている音楽ユニットがメキシコの首都メキシコシティを本拠地とするクラブ・アメリカのファンの間で話題とのこと。

理由は「イケてる」から

「イケてる」という理由だけで衣装として愛用していたメキシコのサッカー名門クラブ“Club America”のユニフォームがキッカケで、同クラブの公式サイトトップページに写真付きで掲載され、メキシコのWEBサイトでトレンド入りを果たした。

メキシコのWEBサイトでトレンド入りした女子中学生2人組 関西出身のビースティーJC2ミクスチャーユニット「REVERBEE」

引用元:https://deview.co.jp/News?am_article_id=2100332

記事にさらっと書いてありますが、クラブ・アメリカはよく見つけてきたな・・。

もしかしたら熱心なファンが見つけたのかもしれませんね。

 

「I Love It」という曲で着用しているユニフォームを見てみると、たしかに良い感じのデザイン。

少し調べてみたのですが、おそらく1995-96シーズンのモデル・・なのでしょうか。

そして彼女らメキシコシティ方面から支持されている理由は、このモデル以外にもクラブ・アメリカのユニフォームを着用していること。全ては見ていませんが、パッと見たところ他にも2種類はあったかなと。「クラブ・アメリカ推し?の日本人中学生音楽ユニット」という二ッチな路線の突き進み具合は良いですね。1回きりではなく継続的に同クラブのユニフォームを使っているのが好感をもてます。これはクラブ・アメリカのファンの間でも話題になるのはわかります。

「REVERBEE」ってどんな音楽ユニットなの?

REVERBEE は、ミユフィーヌ(MiYU Fine)とヒヨリベリー(HiYO Ribery)の2人組で構成。

若干14歳ながらJ-POP からクラブミュージックまでを網羅しながらロック、ヒップホップを軸に、ジャンルにとらわれない楽曲制作を始め、2017年5月に本格的に同ユニット名でライブ活動をスタートさせた。とのこと。1st CD『ZERO』収録曲「蝉時雨」のミュージックビデオではユニフォーム着用しています。

日本でのクラブ・アメリカ評といえばクラブ・ワールドカップで来日するけど大阪ラウンドで帰国してしまうクラブ・・というとこでしょうか。そのクラブ・ワールドカップもしばらくは中国開催らしく、日本開催の見込みどころか大会そのものの継続がどうこうと以前ニュースになっていました。次にクラブ・アメリカが来日するのはいつになるのでしょうか。