クラブ・アメリカファンの間でバズっているREVERBEEという日本人音楽ユニット

関西出身のビースティーJC2ミクスチャーユニット「REVERBEE」。

REVERBEEは「リバービー」と読むそうです。

 

女子中学生2人組みで構成されている音楽ユニットがメキシコの首都メキシコシティを本拠地とするクラブ・アメリカのファンの間で話題とのこと。

続きを読む

サカつくシュート 舞薗昌樹の能力・パラメータ

日本国籍の攻撃的選手。俗に言うトップ下からサイドまで攻撃的ポジションをこなす「舞薗昌樹」。

モデルは元日本代表MF前園真聖選手です。

現役時代は横浜フリューゲルス、湘南ベルマーレ、東京ヴェルディ1969などで活躍しました。

 

ちなみに、前園真聖は「まえぞのまさきよ」と読みます。

また、前園正清ではありませんのでご注意ください。

続きを読む

“アマラオ”の名前を冠した不動産物件があるわけですが・・

「キング・オブ・トーキョー」の愛称で親しまれているアマラオ。

1992年に東京ガスサッカー部に加入。FC東京となった2003年まで活躍したブラジル人選手です。

JFL、J2、そしてJ1でFC東京と共に歩み、292試合に出場165ゴールという成績を残しました。

 

FC東京の歴史にとって欠かせない選手、アマラオ。

なんと、その“アマラオ”の名前がついた建物がある模様。ちと調べてみました。

続きを読む

FC東京が唱える監督2年周期強化論は誤っているのか?

東京が何を目指してどこを目指してやっていくのかというのを明確にしていく必要があると思う。

浦和は監督を新しくして、4年、5年やっている、そこに強みや力は絶対にあると思う。

そこは東京としても大事な部分。

----

 

2016年10月6日に開催されたルヴァンカップ準決勝第2戦。

浦和レッズとの試合を終えたFC東京MF東 慶悟選手のコメントです。

 

・・

・・ まるで、FC東京と浦和レッズの2016年シーズンを象徴するかのようなコメント。

これを聞いて、東選手に共感するFC東京ファンはいることでしょう。

少なくとも、Twitterでは同じ監督のもとで継続していくことを希望するツイートを散見しました。

 

さて、中の人はどうかと言うと、天邪鬼な性格なものですぐに同調することはできません。

せっかくなので他クラブはどうか知らべてみました。

続きを読む

コパ・アメリカ2016 ボリビア代表の首都クラブ在籍メンバー

ボリビア代表には首都クラブから5名が選出されています。全員が南米クラブからの選出です。

ここでは事実上の首都ラパスにホームタウンを置くクラブの選手をカウントしています。

続きを読む